知識ゼロからトレーナーになるための「ロードマップ」公開 >>

【2022年版】フィットネストレンド「TOP10」|コロナ禍/ウェアラブル/オンライン

ヘルスリテラシー
スポンサーリンク
さかもと
さかもと

どうも、さかもとです。

今年も発表されましたね。

フィットネストレンド2022

フィットネス業界で働く方は、興味のある内容ではないでしょうか。

昨年は

↑の記事をご覧ください!

では、早速今回のTOP10を紹介します!

第1位 ウェアラブルテクノロジー

American College of Sports Medicine(ACSM)による

4,500人の健康とフィットネスの専門家の調査によると

ウェアラブルテクノロジーは2022年のフィットネスのトップトレンドです。

昨年の2位からワンランクアップとなりました。

今では、多くの方が使用していますよね。

個人的にはスマートリングに興味ありです。

Oura Ring オーラリング Heritage model 最新 US8 Silver 【アプリ日本語対応!NextSims】
こちらの商品はメーカー【Oura Health Oy】からの直接輸入品の為、安心してお買い求め頂けます。Oura(オーラ)リングは、あなた体の生理的信号を測定し、あなたのライフスタイルを理解。毎日最適な生活習慣選択を促進し、100万件以上のデータに基づいた科学的に検証がされたスリープトラッキング、パーソナライズされたガ...

第2位 ホームエクササイズジム

自宅で最小限の機器またはトレッドミルと自転車を使用し、運動することですね。

最近は自宅トレーニングができるツールも多いですよね。

可変式のダンベルや

EnterSports 可変式ダンベル 多段階重さ調節可能 ダンベル 可変式 アジャスタブルダンベル 筋力トレーニング ウェイトダンベル ダイエット 筋トレ 可変式パワーダンベル 静音
EnterSports 可変式ダンベル 多段階重さ調節可能 ダンベル 可変式 アジャスタブルダンベル 筋力トレーニング ウェイトダンベル ダイエット 筋トレ 可変式パワーダンベル 静音

ストレッチポールなんかがオススメ!

EnterSports 可変式ダンベル 多段階重さ調節可能 ダンベル 可変式 アジャスタブルダンベル 筋力トレーニング ウェイトダンベル ダイエット 筋トレ 可変式パワーダンベル 静音
EnterSports 可変式ダンベル 多段階重さ調節可能 ダンベル 可変式 アジャスタブルダンベル 筋力トレーニング ウェイトダンベル ダイエット 筋トレ 可変式パワーダンベル 静音

過去にセルフコンディショニングツールの紹介記事を書いております!

興味のある方はどうぞ。

第3位 アウトドア・アクティビティ

散歩やランニング、サイクリングなど。

体1つで、すぐに始められるのがいいですよね。

昨年の4位から一つランクアップ。

第4位 フリーウェイトトレーニング

バーベルやダンベルなどを用いたトレーニングですね。

第2位のところでも紹介しましたが

最近は、自宅トレーニングに使えるツールが

安価で手に入ります

これを機に、購入してみてはいかがですか?

第5位 ウェイトロス・エクササイズ

要するに

減量のための運動

ということですね。

「コロナ禍で太った」という方も少なくないはず。

第6位〜10位はこちら

第6位:パーソナルトレーニング

第7位:HIIT

第8位:ウェイトトレーニング

第9位:オンラインライブ・オンデマンドエクササイズクラス

第10位:ウェルネスコーチング

となりました!

第6〜8位は「お馴染みの」というところ。

第9位のオンラインライブ・オンデマンドエクササイズクラスは

デジタルストリーミングテクノロジーを使用して

グループおよび個人の運動プログラムをオンラインで配信。

24時間年中無休で利用でき、ライブまたは事前に録音されたクラスにすることができる。

https://www.clubindustry.com/industry-news/wearable-technology-top-fitness-trend-2022-survey

というもの。

第10位のウェルネスコーチングとは

行動科学を健康増進およびライフスタイル医学プログラムに統合。

小グループアプローチで、運動のサポート、目標設定、および励ましを提供する。

https://www.clubindustry.com/industry-news/wearable-technology-top-fitness-trend-2022-survey

というもの。

まとめ

2022年 フィットネストレンドをまとめると

1)ウェアラブルテクノロジー

2)ホームエクサイズジム

3)アウトドアアクティビティ

4)フリーウェイトトレーニング

5)ウェイトロスエクササイズ

6)パーソナルトレーニング

7)HIIT

8)ウェイトトレーニング

9)オンラインライブ・オンデマンドエクササイズクラス

10)ウェルネスコーチング

という結果でした。

来年は何がトレンド予想に入るのか、楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました