知識ゼロからトレーナーになるための「ロードマップ」公開 >>

【2021年】フィットネストレンド「TOP10」

専門的
スポンサーリンク
さかもと
さかもと

どうも、さかもとです。

今日もサクッと学んじゃってくださいね!

今回はフィットネス業界の時事ネタを。

ACSM(米国スポーツ医学会)は毎年の末に

翌年のトレンドになるであろう

フィットネスワードを発表しています。

フィットネス業界に勤める方は気にして見ているんじゃないかなと思います。

とはいえ、知らない方も多いと思いますし

そもそも何それ?と言う方も多いと思うので

ブログにまとめていきます!

2021年のフィットネス業界の先取りをしましょう!!

まさに2020年のCOVID-19の影響をもろに受けた

順位となっております。

2021年 フィットネストレンドTOP10

では早速。

⑴Online training

⑵Wearable technology

⑶Body weight training

⑷Outdoor activities

⑸HIIT

⑹Virtual training

⑺Exercise is Medicine

⑻Strength training with free weights

⑼Fitness programs for older adults

⑽Personal training

https://www.acsm.org/read-research/trending-topics-resource-pages/acsm-fitness-trends

トレンド第1位は

「オンライントレーニング」

これこそまさに、コロナ禍における新しい生活様式、フィットネス様式の

代表的なものですよね。

ちなみに昨年は26位?とかです。

世界的な影響が、こういったところにも反映されてきますね。

第2位は

ウェアラブルテクノロジー

アップルウォッチなどのスマートウォッチなどがこの代表ですね。

Fitbitやポラール、ガーミンなど

昨年も様々なウェアラブルテクノロジーが進歩しましたね。

日常生活に完全に溶け込み

今では、なくてはならない存在ですよね。

Amazon.co.jp: 最新 Apple Watch SE(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド
Amazon.co.jp: 最新 Apple Watch SE(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

その他気になったところで言えば

第4位の

「アウトドアアクティビティ」

こちらもコロナ禍における新しい生活様式の反映ですかね。

「密を避ける」

昨年はキャンプがすごく流行っていたとか。

第7位の

「Exercise is Medicine」

これは「運動は薬」と言う意味です。

このワードは毎年ランクインしている気がします。

ちなみに2020年は・・・

昨年のランキング結果も紹介しておきます。

Wearable Technology

High-Intensity Interval Training (HIIT) 

Group Training

Training with Free Weights

Personal Training

Exercise is Medicine

Body Weight Training

Fitness Programs for Older Adults

Health/ Wellness Coaching 

Employing Certified Fitness Professionals 

https://www.myzone.org/business-blog/the-top-10-fitness-trends-to-consider-in-2020

でした。

大きく変わりましたね。

まとめ

今回は、最新のフィットネストレンドTOP10ついて紹介しました。

知っているだけで、「通っぽく」なりますね。笑

また、年末に2020年版をしたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関西中心にパーソナルトレーニング指導を実施しております!

また、オンラインパーソナルに対応しております!

トレーニング指導だけでなく、カラダの勉強サポート(オンライン家庭教師)も

承っております!

ご興味のある方はこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました