知識ゼロからトレーナーになるための「ロードマップ」公開 >>

【試合当日の食事】食事で最高のパフォーマンスを

コンディショニング
スポンサーリンク
AT阪本
AT阪本

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

今日もサクッと学んじゃってくださいね!

さて、今回は

『アスリートの試合当日の食事について』

テーマに書いていきます。

最近では、管理栄養士だけでなく

スポーツ栄養士という方も増え

アスリートと食事(栄養)が

いかに重要か示されていますね。

「試合の日は何を食べたらいいの?」

「試合直前は何を食べたらいいの?」

「試合後はどうしたらいいの?」

など、食事に関する悩みも多いかと。

このブログでは、

・試合当日の朝食

・試合直前の食事

・試合後の食事

について説明していきます。

ご自身のスポーツ活動

また、お子さんのスポーツ活動に

活かして頂ければ幸いです。

こちらに関しては、動画でも学んで頂けます。

運営する講座の非公開動画を

特別に公開しちゃいます。

ペアレントトレーナー養成講座の動画

試合当日の朝食

当日の朝食のテーマは

カラダに『グリコーゲン』を蓄えたい

これに尽きます。

グリコーゲンは

筋肉と肝臓に蓄えられており

運動する際の

効率のよいエネルギー源となります。

どのスポーツにおいても、

この『グリコーゲン』をどれだけ

蓄えておけるかがポイントです。

グリコーゲンはいわゆる『糖』です。

ですので、

炭水化物(糖質)の摂取を心がけましょう。

具体的には

・ご飯

・パン

・麺

・果物類

などかこれに当たります。

そして、ここで注意したいのが

「芋類」です。

芋類も糖質が豊富なのですが

食物繊維量もまた豊富です。

便通を良くしたりと

食物繊維自体は非常に良いものなのですが

試合当日においては

「膨満感」「ガスの発生」を起こす事があり

パフォーマンス発揮においては

マイナスな影響を出す恐れがあります。

また、糖質ではありませんが

・あげ物

・刺身などの生モノ

も避けたいところです。

これらは、消化に時間がかかり

内臓へ負担をかけたり

食あたりのリスクがあるためです。

こんな食事が理想ですね。

・主食

・主菜

・副菜

・汁物

・乳製品

・果物

を、食事内に取り入れ

前述した、炭水化物を意識的に摂る。

これが試合当日の朝ご飯の例です。

「こんなに食べられない」

そんな声も聞こえてきそうですが、

アスリートは食事も

試合や練習と同じ様に大切。

試合前にいきなり試すのはリスクがあるため

事前に試しておきましょう。

そこで、

・どれくらいの量が適量なのか

・食事を意識したときのパフォーマンスはどうか

など、調査しておき、実行しましょうね。

また、試合の【3時間前】までに

しっかりとした食事は済ませておきましょう。

消化→吸収→エネルギーとして利用

となるためです。

あと、「横っ腹が痛い」を防げますね。

その為、試合時間から逆算して

朝食の時間を設定しましょう。

例)10時に試合がある

7時には朝食を食べておく事になりますね。

試合直前の食事

このタイミングでのポイントは

『消化が良く、すぐにエネルギーになるもの』

を摂取することです。

・ゼリー

・果物

・フルーツジュース

・スポーツドリンク

などがこれに当たりますね。

大塚製薬HPより

ここでは、消化→吸収に時間のかかるものは

避けましょう。

消化活動にエネルギーが使われてしまいます。

「サクッとエネルギー補給ができるもの」

を中心に用意しておきましょう。

試合直前の食事は、

固形物(フルーツなど)は

出来れば1時間前までに済ませておき

直前は、ゼリーやドリンクを中心に。

試合後の食事

このタイミングでのポイントは

『失った栄養を素早く補給する』

ことです。

具体的には

・糖質

・タンパク質

・ビタミン

・ミネラル

です。

食事によるリカバリー効果を得る為

意識的に摂取しましょう。

そして、ここでは

2回に分けて摂取する事を意識します。

どういう事かというと

・試合直後

・帰宅後

の2回です。

試合会場から、30分以内で帰宅できる場合は

帰宅後の1回で良いのですが、

ほとんどの場合がそうではないですよね。

そのため2回に分けて摂取します。

【試合直後】

・ゼリー

・おにぎり

・サンドイッチ

・プロテイン

・フルーツジュース

などで簡単に摂取出来るもので

出来るだけ早く(目安:30分以内)補給します。

【帰宅後】

朝食と同様

・主食

・主菜

・副菜

・汁物

・乳製品

・果物

をバランスよく摂取しましょう。

まとめ

アスリートにとって食事は

パフォーマンス発揮において非常に重要です。

意識して実践したいですね。

また、試合当日に全て試すのではなく

食事も練習が必要です。

今回紹介したのは、基本例です。

あなたに合った試合当日の食事パターンを

構築しましょう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関西中心にパーソナルトレーニング指導を実施しております!

また、オンラインパーソナルに対応しております!

トレーニング指導だけでなく、カラダの勉強サポート(オンライン家庭教師)も

承っております!

ご興味のある方はこちらから!

いますぐ使える ジュニアアスリートの栄養食事学 | 川端 理香 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで川端 理香のいますぐ使える ジュニアアスリートの栄養食事学。アマゾンならポイント還元本が多数。川端 理香作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またいますぐ使える ジュニアアスリートの栄養食事学もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました