あなたが!大切なお子さんのトレーナーになりませんか?

【重要】スポーツにおける体幹「3つ」の機能とは?

専門的
スポンサーリンク
AT阪本
AT阪本

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

今日もサクッと学んじゃってくださいね!

アスリートのみなさん!

「体幹トレーニングしていますか?」

ほとんどの方が「はい」と答えたのではないでしょうか。

では、体幹トレーニングの種目にこだわりはありますか?

この辺りは、競技特性を理解し、必要な体幹要素にたいして負荷をかける必要があります。

体幹トレーニングの王道「プランク」

今や「体幹するよ!」と言えば、これですよね。

どの種目に言えるんのですが、同じ姿勢を一定時間キープすることで期待できる効果は?

と言うことを考えなくてはいけません。

もちろん、基礎筋力と言う意味では、10秒よりは1分、1分よりは3分となりますが。

ただ、ご自身のスポーツ種目に換言するためのトレーニングとして

「目的は何か」

をはっきりさせてトレーニングをしていきたいですね。

スポーツにおける3つの体幹機能

では、今回のテーマであるスポーツにおける3つの体幹機能について紹介します。

  1. 姿勢安定化
  2. 動的安定化
  3. 体幹剛体化

と言われています。

それぞれについて解説していきます。

姿勢安定化

姿勢安定化とは、ランニングの様にしばらく継続する運動時に姿勢を安定させ、保持するための機能です。

この機能を4項目でみていくと

【可動性】

外見上わずか

【安定性】

姿勢維持のために必要最低限

【呼吸】

継続

【腹腔内圧】

上昇しない

と、なります。

また、息が上がり、いわゆるバテが出てくると

姿勢安定 < 呼吸

と、呼吸をすることが最優先事項となり、姿勢維持は崩れます。

動的安定化

動的安定化とは、例えばバットスイングにおいて、スイング動作を安定させるために働く体幹機能となります。

サッカーのキック、ゴルフスイングなどなど、様々な場面で必要となる機能ですね。

この機能を4項目でみていくと

【可動性】

大きく速く動く

【安定性】

応力集中を防ぐ安定性が必要

【呼吸】

素早く吐く、または止める

【腹腔内圧】

必要最大限の上昇

と、なります。

体幹剛体化

体幹剛体化とは、タックル動作など、瞬時に体幹を固められる機能のことです。

これにより、大きな衝撃でも脊柱を守ることができます。

この機能を4項目でみていくと

【可動性】

脊柱運動を最小化

【安定性】

体幹全体を剛体化

【呼吸】

止める

【腹腔内圧】

上昇

と、なります。

「フンっ」と息むイメージですね。

まとめ

3つの機能の特徴をまとめると

この様に、体幹といっても必要な機能が違います。

当然、トレーニングの方法も変わりますね。

あなたが今やってる体幹トレーニングは目的に沿っていますか?

ただただ、キツければいいと思ってませんか?

これら機能を頭に入れながら、トレーニングしましょう!

また、これらのトレーニング方法についてもブログにしたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関西中心にパーソナルトレーニング指導を実施しております!

また、オンラインパーソナルに対応しております!

トレーニング指導だけでなく、カラダの勉強サポート(オンライン家庭教師)も

承っております!

ご興味のある方はこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました