知識ゼロからトレーナーになるための「ロードマップ」公開 >>

【最新版】卵は一日何個まで?

健康関連
スポンサーリンク
AT阪本
AT阪本

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

今日もサクッと学んじゃってくださいね!

みなさん、卵は1日何個食べますか?

「1日一個まで!」や「何個食べてもいい!」など

卵の摂取量にまつわる話は、様々ですよね。

実際のところ、どうなんでしょうか。

今回は、厚生労働省の発表しているデータをもとに

卵についての話をしていきたいなと思います。

そもそも、卵がこれほどまでに話題になるのは「コレステロール」が影響しています。

特に卵はコレステロール値が高く、1個あたり250mg程度となります。

これを踏まえて、読み進めていただければと思います。

2010年の基準

厚生労働省は「日本人の食事摂取基準」というものを、5年に1度更新し、発表しています。

2010年の発表では

一日あたり男性750mg未満女性600mg未満というコレステロールの摂取基準を設けていました。

この頃は、このデータをもとに、「卵は1日一個まで」が浸透したものと考えます。

一方で・・・

アメリカでは食物からのコレステロール摂取量と血液中のコレステロール値の因果関係を示す臨床結果データが無く

食品によるコレステロールの制限をなくすようにガイドラインが変更になりました。

これを受けて、日本でも「日本人の食事摂取基準」の改訂が進みました。

2015年の基準

『日本人の食事摂取基準2015』では卵のコレステロールを悪者とする誤った情報の氾濫に警鐘を鳴らしています。

鶏卵のコレステロールに関して様々な研究論文を引用し

卵の摂取量と冠動脈疾患や脳卒中の死亡率、糖尿病有病率との関連はなく

一日に鶏卵を2個以上摂取した群とほとんど摂取しない群との死亡率を比べても有意な差は認められていない

として記載されています。

コレステロールの摂取量は抑えることが好ましいものと考えられるものの

食事からのコレステロール摂取が直接LDLコレステロールを上げることにつながらないという理由で

コレステロールの摂取基準を削除しました。

血液中のコレステロール値に与える影響には個人差が大きく

「コレステロールの摂取量は低めに抑えることが好ましいものと考えられるものの、目標量を算定するのに十分な科学的根拠が得られなかったため、目標量の算定は控えた。」

というところ。

そのため、『卵は一日に何個も食べてよい』『一日一個なんて昔の話だ』とと言った話が出てきました。

とは言え・・・

そして『日本人の食事摂取基準2020』では

脂質異常症の重症化予防の観点からは、200 mg/日未満に留めることが望ましい。

となりました。

※脂質異常症とは

血液中の脂質の値が基準値から外れた状態を、脂質異常症と言います。
LDLコレステロールHDLコレステロールトリグリセライドのうち、メタボリックシンドロームの診断基準に用いられる脂質の指標は、HDLコレステロールとトリグリセライドです。しかし、LDLコレステロールは単独でも強力に動脈硬化を進行させるため、メタボリックシンドロームの有無に関係なく、LDLコレステロールの値にも注意する必要があります。

e-ヘルスネットより

200mgのエビデンスとしては

22 のコホート調査のメタ・アナリシスでは、脳卒中及び冠動脈疾患と卵の摂取量との間には有意な関連はなかったが、糖尿病患者ではどちらも正の有意な相関が認められている。

  • 14 のメタ・アナリシスでは、冠動脈疾患と卵摂取量との間に正の相関とともに、糖尿病発症との関連を認めている。
  • 個々の調査を見ると、アジアでは、中国で行われた 50 万人規模のコホート研究で、卵摂取量と循環器疾患発症率には、「摂取しない」から「1日に1個」までの間で、有意な負の関連が認められている。
  • 日本人における Japan Public Health Center-based prospective study では、1週間における卵摂取量と冠動脈疾患発症と関連はなかったが 、NIPPON DATA80 では女性で虚血性心疾患及び総死亡率と有意な正の関連が認められている。
  • アメリカでは、全体では関連が認められなかったものの、糖尿病を持つ高齢者で、卵摂取量と心血管疾患で有意な正の関連を認めている。
  • スウェーデンで行われた二つのコホート研究をまとめて解析した結果では、1日に1個以下の卵摂取は心筋梗塞発症率との関連は認められなかったが、男性における心不全発症と関連していた。

以上より、日本人の食事摂取基準において、少なくとも循環器疾患予防の発症予防の観点から目標量(上限)を設けるのは難しいが

これは許容されるコレステロール摂取量に上限が存在しないことを保証するものではなく

脂質異常症の重症化予防の観点からは、200 mg/日未満に留めることが望ましいとしています。

まとめ

現段階では、卵の摂取量について、明言はできないものの、

コレステロール値が気になる方や、脂質異常症の方、その他持病がある方については

摂取量を制限する必要が有りそうです。

コレステロール自体=悪ではないため、ご自身の健康状態と合わせた摂取が望ましいです。

(これが難しいんですが)

また、こちらもぜひご覧ください!

厚生労働省

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関西中心にパーソナルトレーニング指導を実施しております!

また、オンラインパーソナルに対応しております!

トレーニング指導だけでなく、カラダの勉強サポート(オンライン家庭教師)も

承っております!

ご興味のある方はこちらから!

Amazon.co.jp: 大正製薬 【機能性表示食品】 コレステロールや中性脂肪が気になる方のカプセル 〔リコピン DHA EPA〕 90cap: 食品・飲料・お酒
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、大正製薬 【機能性表示食品】 コレステロールや中性脂肪が気になる方のカプセル 〔リコピン DHA EPA〕 90capを 食品・飲料・お酒ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました