あなたが!大切なお子さんのトレーナーになりませんか?

【知って欲しい】エビデンス(科学的根拠)のこと

専門的
スポンサーリンク
AT阪本
AT阪本

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

今日もサクッと学んじゃってくださいね!

みなさん、エビデンスって言葉を聞いたことはありますか?

エビデンスとは『根拠、証拠、証言』などという意味をもつ単語です。

最近では、「エビデンスをもとに話そう!」や「そう言えるのエビデンスは?」など

ビジネスシーンをはじめ、政治や医療、我々トレーナー業界でもよく使われます。

医療、トレーナー業界では

EBM(evidence based medicine)が重要視され

治療方法などの選択において活用されています。

今回は、やや難しくなりますが、なるべく分かりやすく図解を用いながら説明出来ればと思います。

知っておいて、損はありません!

エビデンスレベル

エビデンスには6段階のレベルがあります。

下層から

  • 専門家の意見
  • 記述研究
  • 疫学研究
  • 非ランダム化比較試験
  • ランダム化比較試験
  • システマティック・レビュー、メタアナリシス

となります。

この時点で既に難しいですよね。

では、それぞれについて説明していきます。

専門家の意見

これは、そのままですよね。

専門家や専門機関による意見の事です。

これまでの経験や知見がもとになります。

端くれですが、一応、私の意見も分野によってはここに当たるかと。

あくまで、研究ベースではなく、経験則をもとにした意見である事が多く、その信頼度は高いとは言えません。

記述研究

記述研究とは「ある患者さんにある薬を投与したら、症状が改善した」

というように、患者さんの経過を記述して報告する研究のことです。

この記述研究には症例報告も含まれます。

症例報告とは、ある病気の患者さんについて、一例から数例の治療経過や

結果をまとめて報告したものです。

疫学研究

疫学研究とは、疫学研究とは多くの人を対象に

病気の発症率や有病率、病気の原因などを調べることを目的に行われる、研究の総称です。

この疫学研究には、コホート研究や症例対象研究なども含まれます。

・コホート研究

コホートとは集団という意味です。

ある病気が発症する危険性の高い集団と、そうでない集団を長期間観察して

病気の発症率や進行の程度、死亡率などを調べる研究方法です。

例えば、喫煙習慣のある集団と禁煙習慣のない集団の数年後の病気の発症率などを比較すると

喫煙が病気の発症に及ぼす影響を検討することができます。

・症例対象研究

すでにある病気を発症してしまった患者さんと、その病気を発症していないけれど

その患者さんと年齢や性別などがマッチした人を選び、カルテなどの医療記録などからその病気の原因を探る研究方法です。

病気の患者さんを症例、病気のない人を対照というため、症例対照研究と呼びます。

非ランダム化比較試験

非ランダム化比較試験とは、試験の対象となる患者さんを

2つ以上のグループに振り分ける際に無作為化の手法を用いずに振り分け

比較を行う試験のことです。

グループ間で患者さんに偏りが生じる可能性があるため、結果の信頼性はランダム化比較試験よりもやや劣るとされています。

ランダム化比較試験

ランダム化比較試験とは、無作為化比較試験ともいいます。

2つ以上の治療法や検査法などを比較する臨床試験では、対象となる

患者さんを2つ以上のグループに振り分けますが、その際にコンピュータの

乱数表やくじ引きなどの方法を用いて、作為性が入り込まないようにする

試験のことです。患者さんを振り分ける際に偏りが生じないため

治療法や検査法の有効性を客観的に調べることができるので、結果の信頼性は高いとされています。

システマティック・レビュー

システマティック・レビューとは、医学雑誌や学会発表などから臨床試験の報告を集め

その内容を評価し、要約してまとめたものです。

最近では客観的な立場から、試験方法や解析方法などが一定の基準を満たした医学論文を集め

内容を厳しく吟味(ぎんみ)して、その結果を報告したものを指すのが一般的です。

系統的レビューともいい、一般にエビデンスとしての信頼性は高いとされています。

ちなみに「システマティック=体系的な・組織的な」「レビュー=評論・批評」という意味です。

また、メタアナリシスというものも含まれます。

メタアナリシスとは、システマティック・レビューの一つで、

病気や治療法など共通した研究データを集め統計学的な手法を用いてデータを統合し、総合的に評価する方法です。

過去の多数の研究結果から、一定の見解を導き出すために用いられます。

一つひとつの試験の結果が異なる場合や、症例数が少なくて正確な評価ができない場合などに有効な手法です。

メタ解析ともいいます。

ちなみに「メタ=高次な」「アナリシス=分析、分解」という意味があります。

エビデンスの信頼度

ここまで見ることの方が少ないですが。

せっかくなので、覚えておきましょう。

このように、段階分けされています。

まとめ

この記事を通して「エビデンス」についての理解が進めば幸いです。

情報社会において、情報をどの様に得るのか、また活用するのか。

情報選択の段階で、間違えると、活用した結果も当然期待できませんよね。

この辺りは、『リテラシー』とも言われます。

↓リテラシー記事はこちら↓

情報選択のひとつに「エビデンス」が加わることを願っております。

今日の参考文献:Minds 診療ガイドライン作成マニュアル 2017

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エビデンスベースで書かれているオススメの1冊を紹介!

「最高の体調」著:鈴木 祐

最高の体調 ACTIVE HEALTH | 鈴木祐 | ビジネスライフ | Kindleストア | Amazon
Amazonで鈴木祐の最高の体調 ACTIVE HEALTH。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関西中心にパーソナルトレーニング指導を実施しております!

また、オンラインパーソナルに対応しております!

トレーニング指導だけでなく、カラダの勉強サポート(オンライン家庭教師)も

承っております!

ご興味のある方はこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました