知識ゼロからトレーナーになるための「ロードマップ」公開 >>

【常識を疑え】とりあえずアイシングは危険|筋損傷とアイシング

専門的
スポンサーリンク
さかもと
さかもと

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

今日もサクッと学んじゃってくださいね!

@sakamotopapa117

スポーツ現場でよく耳にする「とりあえずアイシング」

ほんとにそれでいいんですか?

神戸大学の研究チームは、『アイシングが、筋損傷(肉離れなど)の組織回復を遅らせる』という研究結果を報告しました。

常識と思われているものが、非常識になっているかも知れませんよ。

ということで、今までにも幾度となく、アイシングについては討論されていますね。

「アイシングは効果的」と支持する意見・研究もあれば

「アイシングはむしろ逆効果」という否定的な意見も。

今回は筋損傷後のアイシングをテーマに

こちらの論文をまとめていきます!

アイシングは肉離れなどの筋損傷後の再生を遅らせる
神戸大学大学院保健学研究科の荒川高光准教授、博士後期課程大学院生(当時)川島将人らと、千葉工業大学の川西範明准教授らの研究グループは、遠心性収縮※1 モデルマウスを用いて、筋損傷に対するアイシングが筋再生を遅らせることを...

選手はもちろんのこと、指導者やトレーナーにも読んでほしい論文です。

\この記事は、こんな方におススメ!/

☑︎とりあえずアイシングをしている方

☑︎アイシングについて疑問がある方

☑︎スポーツをしている方

☑︎スポーツ指導者の方

論文概要

・『アイシングが、筋損傷(肉離れなど)の組織回復を遅らせる』

・荒川・川島ら(神戸大学)と、川西ら(千葉工業大学)の研究グループ

・2021.3.25 Journal of Applied PhysiologyにArticles in Pressとしてオンライン上に掲載

・マウス研究

・電気刺激にて、筋損傷を起こさせた研究

・アイシングあり群となし群に分けて調査

・アイシングはポリエステル袋に氷を詰め、1回30分を2時間おきに3回、3日間継続した。

↑一般的なアイシングのやり方を再現した形ですね

こんな感じの論文ですね。

結果

結果から書くと、アイシングなし群に対して、アイシングあり群の方が、筋損傷後の修復が遅れるということがわかりました。

驚きです!!

私自身も、肉離れを疑う症例に対し、アイシングの指示を行っていました。

結果について、細かくみていきます。

アイシングが再生を遅らせる!?

損傷2週間後の再生骨格筋を観察すると、アイシングをした群はアイシングをしていない群に比べて、横断面積の小さい再生筋の割合が有意に多いと分かりました。

引用先より拝借

要するに、アイシングによって骨格筋の再生が遅延している可能性があるということです。

明らかに、non-icing群の方が筋横断面積が大きいですよね。

炎症細胞の数が重要!

損傷筋の再生過程では、炎症細胞が集まってきて、壊れた筋のゴミのようなものを貪食(どんしょく)し、そこに新しい筋が作られていくのですが、アイシングをすると損傷した筋細胞の中に炎症細胞があまり入っていかないことがわかりました。

引用先より拝借

これ私も知らなかったのですが、炎症細胞はのちに、抗炎症細胞に特性を変化させているようなんです。

代表的な炎症細胞としてマクロファージがあります。

マクロファージには主に貪食を行って炎症反応を引き起こす炎症性マクロファージと、炎症反応を抑制し、修復を促す抗炎症性マクロファージに分けられます。

本研究チームの実験の結果、アイシングを施すと、炎症性マクロファージの到着が遅れていることがわかりました。

炎症を無理くり抑えるアイシングは、結果として損傷した筋の修復を遅らせていると考えると、何の為にアイシングをしているのかわかりませんよね。

まとめ

今回は、筋損傷後のアイシングについての論文をレビューしました。

何かと賛否のあるアイシング。

とりあえずアイシングではなく、少なくとも筋損傷に対するアイシングに関しては「あえてしない」という選択肢を持っておきたいですね。

アイシングをしたから再生が遅れた、早まったというのは図ることはなかなか難しいですが、こういった研究結果を頭に入れておくことが、選手や指導者、またトレーナーも必要ですね。

とはいえ、アイシングを施すことによる痛みの緩和や、それによる精神的安定は否定できません。

状況に併せての選択にはなりますが、「選択肢」を常に持てるようにしておきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

関西中心にパーソナルトレーニング指導を実施しております!

また、オンラインパーソナルに対応しております!

トレーニング指導だけでなく、カラダの勉強サポート(オンライン家庭教師)も

承っております!

ご興味のある方はこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました