知識ゼロからトレーナーになるための「ロードマップ」公開 >>

【知らなきゃ損!】筋のサブシステム4つを解説!

専門的
スポンサーリンク
さかもと
さかもと

どうも、さかもとです。

今日もサクッと学んじゃってくださいね!

今回は少し専門的な内容です。

スポーツをする方や、トレーニングをする方には是非知って欲しい。

いや、有名過ぎて知っている人も多いと思いますが・・・

『筋のサブシステム』って聞いたことありませんか?

スポーツ愛好家
スポーツ愛好家

なんのこっちゃ!?聞いたことない。

AT阪本
AT阪本

こう言う言葉で聞くとそうなりますね。

サブシステムについて少し説明します。

我々の体を動かす際には

脊柱の動きを通して体幹四肢を動かすか

脊柱の固定に伴って行われます。

この時

脊柱や骨盤の動きをコントロールする協力筋群が

サブシステムと言うわけです。

そして、このサブシステムは4つあります!

今回は、この4つのサブシステムについて紹介&説明をしていきますね。

ディープ・ロンジテューディナル・サブシステム(DLS)

こちらのサブシステムはこんな感じです。

つま先から頭まで全身を安定させるために関与し

また床から体幹や背部へと逆の力の伝達を行います。

【関与する筋】

前脛骨筋・長腓骨筋・大腿二頭筋・仙結節靭帯・脊柱起立筋・胸腰筋膜など

【役割】

☑️地面反力の吸収・伝達

☑️足首の安定保持

☑️前方への脚運動の減速

☑️体幹屈曲(かがむ動作)に抗する脊柱の安定保持

【起こるタイミング】

踵が地面に接した時

ラテラル・サブシステム(LS)

こちらのサブシステムはこんな感じです。

先ほどのDLSと共に、衝突時に体を安定させる働きがあります。

特に左右方向において作用します。

【関与する筋肉】

股関節外転筋(中臀筋・小臀筋・大腿筋膜張筋)、反対側の体幹側屈筋(腰方形筋・内腹斜筋)、同側の内転筋群

【役割】

☑️衝突時の体の安定

☑️左右方向の安定

☑️片脚立位における骨盤と脊柱の安定

【起こるタイミング】

片脚接地時

片脚立位時に立位側の外転筋群・内転筋群と反対側の体幹側屈筋群の働きにより

骨盤を固定し、反対側のお尻が少しだけ引き上がります。

(これはヒップロックとも言います。また後日、ブログ書きます)

ポステリア・オブリーク・サブシステム(POS)

こちらのサブシステムはこんな感じです。

基本的には、仙腸関節を挟んで

広背筋と反対側の大臀筋で構成されています。

DLSと共に、胸腰筋膜を通して力学的エネルギーを伝える働きをします。

【関与する筋肉】

広背筋・反対側の大臀筋

【役割】

☑️下肢屈曲運動の減速

☑️上肢屈曲運動の減速

☑️骨盤の安定保持を補助

☑️伸展方向の加速

☑️AOSと共に運動を調整

【起こるタイミング】

☑️踵接地のタイミング

☑️ゴルフスイングやバッティング、野球の投球などの回旋動作時

特に回旋動作においては非常に重要です。

回旋前は体を保ち、回旋後は減速に働きます。

アンテリア・オブリーク・サブシステム(AOS)

こちらのサブシステムはこんな感じです。

AOSは体の前方において、先ほどのPOSと似た働きをします。

【関与する筋肉】

股関節内転筋群・同側の内腹斜筋・反対側の外腹斜筋

※内転筋群と内腹斜筋は、同じ方向の筋繊維走行をしており、力の伝達と協力作用を助ける

【役割】

☑️後ろ足が前方にスイングされる際に支持脚上に体を安定させる

☑️上肢伸展運動の減速

☑️下肢伸展運動の減速

☑️屈曲運動の加速

☑️POSと共に運動を調整

【起こるタイミング】

☑️回転運動における加速時に顕著に起こる

投球における加速がまさにこれですね。

まとめ

今回は、筋のサブシステムをテーマに書きました。

1つ1つみてみると、「なるほど!」と

思っていいただけるかと思います。

カラダに備わるシステムを理解し、競技トレーニングやフィジカルトレーニングを行いましょう!

参考図書はこちら↓

カラー図解 筋肉メカニクスとトレーニング技術 | エバレット アーバーグ, Aaberg, Everett, 清忠, 加藤, 純一, 岡田, 伸, 長谷川, 英次, 渡辺, 佳代, 寺田 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでエバレット アーバーグ, Aaberg, Everett, 清忠, 加藤, 純一, 岡田, 伸, 長谷川, 英次, 渡辺, 佳代, 寺田のカラー図解 筋肉メカニクスとトレーニング技術。アマゾンならポイント還元本が多数。エバレット アーバーグ, Aaberg, Everett, 清忠, 加藤, 純一, 岡田...

コメント

タイトルとURLをコピーしました