大切なお子さんのトレーナーになりませんか?|【知識ゼロから無料で学べる】ペアレントトレーナー養成講座

【体験談】RSウイルスってなんだ!?|1歳半の娘はこれで入院しました。

健康関連
スポンサーリンク
AT阪本
AT阪本

どうも、トレーナーのさかもとです。

ブログやツイッターで情報発信をしたり、知識ゼロからトレーナーになる「ペアレントトレーナー養成講座」の運営をしたりしています。

このブログがあなたの学びのきっかけになれば幸いです。

このブログ記事では

☑︎RSウイルスとは?

☑︎RSウイルスの基本的症状

☑︎うちの娘の症状(時系列で説明)

☑︎病院受診でやった検査

☑︎入院になった理由

今回の記事は、1歳半の愛娘を襲った「RSウイルス」について書きたいと思います。娘はこれで入院となりました。

子育て中は、不安がいっぱい。

その中でも「子どもの体調」は不安要素の上位ではないでしょうか。

「症状を説明出来ない」お子さんの体調の変化に気づけるのは親ですよね。

について書いていきます。

今回の体験談を書く事で、どなたかのお役に立てばと思います。

※RSウイルスの情報については、国立感染症研究所HPから抜粋しています。

RSウイルスとは?

RSウイルス(Respiratory syncytial virus)とは、年齢を問わず、生涯にわたり感染を起こすが、特に乳幼児期において非常に重要な病原体です。RSウイルスは乳幼児における肺炎の約50%、細気管支炎の50〜90%を占めると報告されており、より年長の小児においても気管支炎の10〜30%に関与していると考えられています。

11月〜1月にかけて流行する事が多いとされます。

RSウイルスの基本的症状

潜伏期は2〜8日(典型的には4〜6日)

はじめは

  • 発熱
  • 鼻水

が主な症状の様です。

熱は38度を超える高熱が出る事が多いとのこと。

その後下気道症状が出現してくるようです。

※ 下気道症状: 気管、気管支、肺の症状

下気道症状に発展した場合には、呼吸がしにくくなり「肩で呼吸」をする様になり、また呼吸時に「ぜいぜい」「ゴホゴホ」と音が鳴ると言った現象が見られるのが特徴です。(娘はこれでした。あとは心拍数が異常に高かったです)

この辺りは、画像にもまとめていますので、そちらをご確認下さい。

※長押しで保存出来ます

1歳未満では、重症化する事もあるようで注意が必要です。

また、中耳炎を合併する事が多いようです。(うちは合併あり)

ちなみに、69%の乳児が生後最初の一年間でRSウイルスに罹患するとされます。

そのうちの1/3 が下気道疾患を起こすと報告されています。

また、再感染は普遍的に認められ、縦断的な調査では毎年6~83%の小児が再感染を経験しているとのこと。

娘の症状と経過

ここでは、娘のケースを時系列で紹介します。

(4/30) 咳症状出現。熱はなし。

(5/1) 咳症状が少し悪化。日中は熱なしでしたが、夜中に発熱(38.5度)。以前病院から頂いていた、坐薬で解熱。

(5/2) 咳症状の悪化に加え、鼻水の症状出現。お昼頃に発熱(38.0度)。その後37度台が続き、夜に39度まで上昇。再度、坐薬で解熱も夜中に39度の発熱。

(5/3) 咳、鼻水、37.5度程度の発熱が続き、1日2、3回程度38〜39度を超える高熱が。その度、坐薬で解熱していました。

(5/4) 5/3の症状に加え、呼吸時に「ぜいぜい」と音が鳴るように。これは特に就寝時に確認できました。また、心拍数や呼吸数が明らかに増加。

(5/5) 坐薬もなくった為、休日診療所へ。ここでは、溶連菌やアデノを疑い、検査も陰性。翌日、かかりつけ医へ行く様に指示されました。この日の夜、40度を超える熱が。

(5/6) 各症状は残存。かかりつけ医へ。症状の経過や、聴診器での肺の音から、肺炎を疑い、レントゲンと血液検査を実施。

病院受診でやった事

病院での検査をまとめます。

  • アデノウイルス、溶連菌の検査
  • 胸部レントゲン
  • 血液検査
  • RSウイルスの検査(これは、入院する事が決まってからしか検査されるみたいです。知らなかった)

これらが、今回の検査内容です。

入院になった理由

レントゲン上の肺炎の問題なし。

血液検査も、特に大きな異常は認められず。

しかし、

  • 呼吸時の音(ぜいぜい音)
  • 血中酸素濃度が明らかに低い事(正常で96%以上、娘の場合89%でした)
  • 心拍数が高い事(幼児の平均100〜110拍/分、娘の場合140拍/分)

などから自宅療養では、呼吸困難など、症状が悪化する可能性があるとのことで、病院での治療を勧められました。

その後、RSウイルスの検査で陽性が発覚し、決め手になりました。

これを書いている5/9朝時点では、熱は平熱になり、咳と鼻水がまだ残っている感じです。

でも、かなり良くなっている感じはあります!

血中酸素濃度も96%にまで回復しています。

そして、明日には退院予定です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(追記)

5/9の夕方に退院できました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この体験談が、どなたかのお役に立てば幸いです。

娘の場合、GWの真っ最中という事もあり、病院受診がすぐに出来ませんでした。

早めに対処しておけば、状況も変わったのかな?とも思いますが。どうなんでしょう。

皆さまも、この様な症状が出た場合には、すぐにかかりつけ医へ相談を!

そして、コロナもありますし、受診を悩まられる際はこども医療でんわ相談(#8000)を利用しましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

関西中心にパーソナルトレーニング指導を実施しております!

また、オンラインパーソナルに対応しております!

トレーニング指導だけでなく、カラダの勉強サポート(オンライン家庭教師)も

承っております!

ご興味のある方はこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました