あなたが!大切なお子さんのトレーナーになりませんか?

【カラダについて学ぶ】肩の関節を学ぶ

専門的
スポンサーリンク
AT阪本
AT阪本

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

今日もサクッと学んじゃってくださいね!

以前投稿したカラダの仕組みの続きです。

今回も運営する

【ペアレントトレーナー養成講座】の内容の一部を

ブログ記事として投稿させていただきます。

テーマは「肩関節」

肩関節は複雑で難しいのですが・・・

興味があれば、学習してみてください!!

肩関節とは

画像1

肩関節に関与する主な骨は

肩甲骨(けんこうこつ)・上腕骨(じょうわんこつ)・鎖骨(さこつ)です。

解剖学的には

肩関節=肩甲上腕関節(けんこうじょうわんかんせつ)という名前になります。

画像2

黒丸のところですね。

肩の関節はすごく不安定で、骨だけ見ると、明らかに抜け落ちそうですよね。

ゴルフ

よくゴルフボールとティーの関係に例えられるんですが

受け皿(肩甲骨)に対して乗っかる方(上腕骨)が大きいんです。

だから、肩の脱臼が多いんです。

そんなに頻繁に脱臼されても困るので

肩関節の周りにあるたくさんの組織が肩を守ってくれています。

肩関節を安定させるもの

大きく4つのポイントを挙げます。

①筋肉

②関節唇

③関節包

④靭帯

①と④は何となくイメージできますか?

②関節唇は、肩甲骨の受け皿に深さを出す役割があります。

関節唇

③関節包は、その名の通り関節を包み込む役割が。

関節包

このような組織が肩の安定をもたらしてくれています。

抑えておきたい筋肉「インナーマッスル=腱板」

「肩のインナーマッスル」「肩の腱板」もしかしたら聞いたことあるかもしれません。

野球選手がチューブでトレーニングしているシーンを見たことはありますか?

画像6
※高校野球ドットコムさんより拝借

こんなイメージですよね。

これでトレーニングしているのが、肩のインナーマッスルと言われる腱板という筋肉達です。

腱板には4つの筋肉があり

インナー

それぞれ肩甲下筋(前方)、棘上筋、棘下筋、小円筋(これらは後方)となります。

このインナーは、上腕骨を関節面に引きつける役割があり、めちゃくちゃ大事なんです。

最後に可動域

肩関節は、関節の構造上、非常に自由度の高い関節です。

関節は球関節という種類です。(イメージは上記のゴルフボールとティー)

こんな感じの動きが可能です。

画像8

①屈曲・伸展

②内転・外転

③内旋・外旋

④水平伸展・水平屈曲

あとはこれらを複合した、ぶん回し運動。

肩回し

こんな感じ。

最後までご覧いただきありがとうございます。

カラダについて、学びませんか?

無料動画講座への登録はこちら↓

Facebookグループ
ペアレントトレーナー養成講座のメンバー19人。このサービスは、スポーツをするお子さんを持つパパ・ママにカラダに関する知識やストレッチやトレーニングといった実践方法を学んで頂くものです。 今では、様々な年代、スポーツにトレーナーが関わるようになりました。 また、最近では、パーソナルトレーナーの数も増え、お金を出せば指導...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関西中心にパーソナルトレーニング指導を実施しております!

また、オンラインパーソナルに対応しております!

トレーニング指導だけでなく、カラダの勉強サポート(オンライン家庭教師)も

承っております!

ご興味のある方はこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました