知識ゼロからトレーナーになるための「ロードマップ」公開 >>

【デスクワーカー必見】仕事中に出来る!カラダを整える3つの事

健康関連
スポンサーリンク
AT阪本
AT阪本

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

今日もサクッと学んじゃってくださいね。

過去にTwitterでこんなツイートをしました。

労働者の「疲労」問題は深刻です。

また、デスクワークなどでの「長時間の座位」

による肥満や不定愁訴等の健康被害が報告されています。

今回は、そんなデスクワーカーが仕事中にできる、カラダを整える方法を

3つ

紹介いたします。

先に3つの事を伝えておきます。

①小まめに立ち

②呼吸に目を向ける

③デスクに観葉植物を置く

です。

気になった方は、読み進めてください。

デジタル登録のサインアップ

①小まめに立つ

冒頭でもお話したように

「長時間の座位」は

様々な健康被害の要因となります。

こういった報告もあります。(否定する意見もありますが)

座位では、腰部に負担がかかることがわかります。

皆さんは、仕事中、どれくらい動いていますか?

結論から言うと

1時間に1回、3分程度

椅子から立ち、少し動くことが推奨されています。

ある報告では、就業時間中に合計の運動時間が

30分になるように心がけるとしています。

正直難しいですよね。

ただ、座っていることで

お尻の筋肉が

座面と当たり続けることで

「癒着」を起こす恐れがあります。

股関節の前面(付け根)の腸腰筋は

長時間座ることにより

縮こまります。

こういったことが起こります。

これを防ぐためには、最低でも

1時間以上の連続した座位は避けたいところです。

可能な限り、小まめに立ち、歩くようにしましょう。

②呼吸を意識する

極端かもしれませんが、こんな姿勢になっていませんか?

デスクワークで起こる不定愁訴で上位を占めるのが

「肩こり」「腰痛」です。

そこに関連しているのが

「呼吸」です。

1日2万回以上していると言われています。

姿勢が悪いと、呼吸運動にエラーが起こります。

その際「肩呼吸」となり

肩や首の筋肉が過活動を起こし、肩こりを誘発します。

また、正しく呼吸を行えていると

このように、体の中で風船が膨らんだように

前後・左右各方向へ広がります。

呼吸に関してはこちらの過去記事をご覧ください!

③観葉植物を置く

自然には副交感神経を活性化させ

リラックス効果があります。

Side view photo of Digital laptop, smartphone and cup of coffee on wooden table in cafe or office

また、「擬自然」にも効果があることがわかっております。

アムステルダム大学の実験では

60人の学生を対象に複雑な数学問題を解かせストレスを与えた後

半分には緑豊かな公園の写真を、もう半分には一般的な都市の光景を眺める様に指示

それから全員の自律神経を計測したところ、自然の写真をみた学生は2倍も副交感神経が活性化した様です。

ですので、造花でも写真でも問題ありません。

これなら、枯れる心配もなく置けますね。

まとめ

長時間の座位による健康被害は深刻です。

①は職種や仕事環境にもより取り入れにくいことも多いでしょう。

まずは②③を取り入れてみてはいかがでしょうか。

Amazon|HB LIFE 人気 フェイクグリーン 観葉植物 人工観葉植物 光触媒 多肉植物 造花 インテリア 室内用 プレゼント 5セット|人工観葉植物 オンライン通販
HB LIFE 人気 フェイクグリーン 観葉植物 人工観葉植物 光触媒 多肉植物 造花 インテリア 室内用 プレゼント 5セットが人工観葉植物ストアでいつでもお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました