AT教本に沿った機能解剖学が学べるInstagram >>

パフォーマンス

スポンサーリンク
コンディショニング

呼吸とパフォーマンス!ポイントは「肋骨内旋」

あなたは正しく呼吸ができていますか?1日2万回程度行っている「呼吸」。呼吸とパフォーマンスの関係と共に書いております。今回のポイントは『肋骨内旋(ないせん)』です。セルフチェックとエクササイズの紹介もしております。
コンディショニング

視力と視野は違う!ビジョントレーニングでパフォーマンスアップ!

ビジョントレーニングと言うものをご存知ですか?スポーツの世界で取り入れられており、テレビでみる機会も増えました。ビジョントレーニングの方法の紹介と、「視野」と「視力」の違いについて説明します。
コンディショニング

正しい呼吸でパフォーマンスアップ!

鬼滅の刃でも話題の、呼吸。トレーナー業界では、少し前から呼吸が注目されていました。 今回は、理論編として、呼吸についての基礎的な話をしています。意識的にも、無意識的にも行うことができる呼吸。これをコントロールすることは、パフォーマンス向上の第一歩です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました