あなたが!大切なお子さんのトレーナーになりませんか?

【姿勢の話】上行性・下行性運動連鎖について

専門的
スポンサーリンク
AT阪本
AT阪本

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

今日もサクッと学んじゃってくださいね!

「人のカラダは連鎖・連動する」

こんな事を聞いた事があるかと思います。

また、実際に体感している方も

多いのではないでしょうか。

今回は、少し専門的な内容ですが

『上行性運動連鎖』『下行性運動連鎖』

についてお話します。

※骨盤〜下肢についての話をします

今回の参考文献はこちら↓

http://www.bookhousehd.com/pdffile/msm173.pdf

上行性・下行性運動連鎖とは

まずは「アライメント」

という言葉を知る必要があります。

アライメントとは、骨格の配列の事を指します。

要するに「姿勢」

今回説明する、運動連鎖は

その姿勢が互いに連鎖しながら

「どの様に変化するか」

と言う話です。

簡単に言うと、

⑴ 【足部→下腿→膝関節→股関節→骨盤】

へと連鎖するか

⑵ 【骨盤→股関節→膝関節→下腿→足部】

へと連鎖するか

という事ですね。

⑴は足部(下)から骨盤(上)へ連鎖する為

『上行性運動連鎖』と言います。

⑵は骨盤(上)から足部(下)へ連鎖する為

『下行性運動連鎖』と言います。

イメージ出来ましたか?

こんなイメージですね。

それぞれ

足部アライメントが骨盤アライメントに影響

骨盤アライメントが足部アライメントに影響

与えると言う事。

では、ここからは

それぞれについて細かく見ていきましょう。

※ただし一般向けに書く為、片側ではこう連鎖し、もう一方ではそれによって連鎖するなど

本来細かく起こる左右での問題については触れません。

上行性運動連鎖とは

足部で起こる問題が

骨盤にどの様に影響を出すか

と言う事でしたね。

足部が回内(扁平足のような)していると

下腿部:後方、内旋

膝関節:伸展、外反、外旋

大腿部:前方、内転、内旋

股関節:屈曲、内転、内旋

骨盤:前傾

と言う様に連鎖していきます。

足部が回外していると

下腿部:前方、外旋

膝関節:屈曲、内反、内旋

大腿部:前方、外転、外旋

股関節:伸展、外転、外旋

骨盤:後傾

と言う様に連鎖します。

下行性運動連鎖とは

骨盤で起こる問題が

足部にどの様に影響を出すか

と言う事でしたね。

骨盤が前傾していると

股関節:屈曲、内転、内旋

大腿部:前方、内転、内旋

膝関節:伸展、外反、外旋

下腿部:後方、内旋

足部:回内

と言う様に連鎖していきます。

骨盤が後傾していると

股関節:伸展、外転、外旋

大腿部:前方、外転、外旋

膝関節:屈曲、内反、内旋

下腿部:前方、外旋

足部:回外

と言う様に連鎖します。

まとめ

足部(下)から骨盤(上)へ連鎖し波及していくことを「上行性運動連鎖」といい

骨盤(上)から足部(下)へと連鎖し波及していことを「下行性運動連鎖」といいます。

このようにカラダは、良くも悪くも連鎖していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました